会社沿革

平成30年 4月 ISO9001/14001:2015  本社・千葉倉庫・金型倉庫 認証取得 
平成30年 4月 株式会社新興化学ロジスティクスセンターを設立

 〒989-1321 宮城県柴田郡村田町沼辺字日向175 [ISO認証対象外]
平成29年 10月 ISO9001認証審査実施
平成28年 3月 量産自動化システムを見据え、自動ゲートカットシステムを導入
平成27年 12月 外装製品特化仕様成形機
SI-130-6(東洋機械金属製)を導入。
平成27年 9月 株式会社新興化学土木事業部を新設分割
平成27年 8月 20t成形機 高付加価値材料対応の為、
小型除湿乾燥機 THD-5Jα(ハーモ製)を導入。 
平成27年 4月 代表取締役社長へ小野寺誠氏が就任
モールド事業特化
平成25年 9月 小ロットインサート成形特化により縦型射出成形機(単動式)
ET-80V(東洋機械金属製)を導入
平成24年 10月 九州営業所開設(土木事業部)
平成24年 8月 土木事業部設置
平成23年 8月 横型射出成形機 電動機
J180AD(JSW)/NEX180(日精)導入 
   ガラス/フィラー 70%迄対応可能
平成23年 3月 千葉県木更津市に倉庫完成、物流倉庫を設立
  木更津⇔東京間の物流ラインを構築
平成23年 3月 木更津へ新倉庫建設の為、物流センター(大森東2丁目)を閉鎖
平成12年 9月 ISO14001認証取得
平成9年 9月 金型工場を設置
  量産金型修正を90%以上社内にて実施達成
平成元年 11月 本社ビルに隣接して、4階建ての工場棟を完成
  平成元年頃の取扱製品:自動車電話カバー・携帯電話・ポケットベル等
昭和64年 1月 「株式会社新興化学」に改め、資本金を3500万円に増資
昭和63年 7月 大森東5丁目に3階建ての物流センターを設立
昭和60年 3月 本社ビルに隣接して、4階建てのオフィスビルと工場を増設。新たに組立工場を設置
昭和57年 10月 資本金800万円に増資
昭和53年 8月 資本金500万円に増資
昭和53年 6月 本社ビル(大田区大森東)を完成
昭和44年 7月 東京都大田区大森東2丁目33番2号に法人組織として「有限会社新興化学」を創立。
資本金100万円で、プラスチック製品の射出成形加工業をスタートさせる
       創業当初の取扱製品:熱硬化性樹脂(ベークライト等)