精密金型製作

耐久性に優れた、精密で高品質な金型をお届け
使用される樹脂の素材はもちろん、金型に使用する素材にいたるまで厳選。
金型設計段階から量産を見据えた精密金型加工により、耐久性に優れ
精密で高品質な金型を製作しています。

金型グループ

射出成型金型製作は、構造設計から量産不具合の検討までを一貫して生産フローに組み込んでおり、精密で安定的な製品を創出できる金型作りを行っております。
今までに無い構造提案に対しても前向きに取り組む事で、新技術の開発にも力を入れております。
技術営業Gにて打ち合わせを行った、「金型打ち合わせ資料」を基に金型G内でPL(パーティングライン)やスライド方法等を綿密に検討し、T1から良品の取れる金型作りを目指して設計に入ります。金型抜き勾配の設定や複雑な抜きのある形状もすべて成形側からの不具合予測を含め金型に反映して行きます。
トライ後すぐに寸法測定のできる金型を作る事で、お客様への短納期を実現しております。
間違えの無い様、最新の注意を払いながら金型製作は進んでいきます。
お客様から頂いたデータを基に、樹脂の収縮率を計算し3D製品データを作成し、金型データへと設計を開始します。

完成品までの修正手番をいかに短くするかも設計に懸かってます。

加工へのこだわり

  • 今の金型はデータが基本であり、そのデータを使いこなすことが製品化への近道となります

  • 新しい設備と伝承されてきた技術を駆使し続ける事が目標です

  • どんな金型でも最後は手仕事での仕上げ作業が肝です。数値では表せない世界となります。

  • 外注メーカーを使用して完成した金型も社内で製作した金型も、
    メンテナンス・修理は全て社内で行っております。

  • メンテナンス中は、何か今までと違いはないのか。今後の不具合につながる箇所は無いのか。色々チェックし成形で問題が起きないように細心の注意を払って仕事をしております。

  • 新興化学の金型Gの技術を一度見にご来社をご検討頂ければと思います。

コスト 品質 納期。
社内での無駄や環境に優しいものづくりを目指し、今後もっと皆様へのお役立ちに貢献して行きたい。

お客様が笑顔になる金型・製品を作り続けることが我々の使命です。